ユーザー様が認める優れた品質
河南信義アルミニウムは、アルミニウムコイル・ストリップ
(アルミ条)の生産メーカーとして、世界に各種のアルミニ
ウムコイルを長年にわたって提供してきました。
押出製品
お問合せ
電話:0086-371- 55689814、
55686476
Fax:+86-371-55686475
Mobile:0086-13271531366
Email:andy@signialuminium.com
Skype:signialuminium02
WhatsApp::0086-13271531366
アドレス:中国河南省鄭州市高新技術産業開発区科学町89目4号建物A単元12階126ルーム
アルミ巻線
エナメルアルミマグネットワイヤ
2017-07-18 09:47
エナメル線の性能比較:
マグネットワイヤの空間率は、右図に比較されます。その電気的特性であるエナメル線の占積率は、他の巻線より優れています。しかし、他のワイヤと比較してより慎重な検査は、次のプロパティで作られなければなりません。


1.耐熱性
2.溶剤、化学薬品、ワニスへの耐性
3.加水分解に対する耐性
4.絶縁材料と組み合わせた場合での安定性
5.水や湿気に対する抵抗力
6.使いやすい



製品の範囲 :
ワイヤーストリップは厚さa:0.80〜7.0mm
ワイヤストリップ幅さb:2.0〜16.0mm
 
導体のお薦め幅比:1.4<B8.0</;
温度クラス(℃):130180、200、220;
標準:IEC60317-0-2、IEC60317-29 MW36-A;
ボビン:30/50キロの木製のスプール(糸巻き)、プラスチックスプールは、我々は顧客の需要に応じて長さを調節することができます。

特別なサイズは、検討させて行うことができます。
素材 :
引っ張りや押し出した裸アルミマグネットワイヤを国家標準に合わせて、滑らかな表面、無欠陥を確認します。性能良く、絶縁ワニスです。

  • 特徴:
  • 高熱性。
  • 化学的な高安定性;
  • 良好な機械的特性;
  • 高耐圧性と良好な成形性;
特長
用途
イヤの応用:

エナメルアルミマグネットワイヤの応用:
変圧器、発電機、冷凍装置、クラスCの発電機、UPSの電源、電子変圧器;
 
仕様
エナメルアルミマグネットワイヤの仕様:

Type
週類
Polyesterimide
ポリエステルイミド
Polyimide and polyimide
mixed
ポリアミドとポリイミドの混ぜ
Polyvinyl acetal
ポリビニルアセタール
Thermal bonding acetal
熱接着アセタール
 
Temperature-resist grade
耐温等級
180 200 120(155) 120
Property性能 High heat resistance,
good chemical
resistance, hydrolysis
resistance
高耐熱性、
良好な耐薬品性、
耐加水分解性
Excellent heat resistance,
strong resistance to
chemical solvents, good
scratch resistance
優れた耐熱性、
化学溶剤に対する強抵抗性、
 優れた耐引っかき性
Excellent resistance to
transformer oil, good
resistance to scratch,
excellent flexibility and
adhesion, and good
water resistance.
変圧器油に対して優れた耐性、
 良好な耐傷性、
優れた柔軟性と密着性、
良好な耐水性。
In addition to all the performance
with acetal, also can obtain good
adhesion strength by the heating
mode
アセタールのすべての性能ことに加えて、
加熱により良好な接着強度を得ることもできます。
Standard標準 GB/T7095.4-2008,
IEC60317-28
GB/T7095.6-2008,
IEC60317-29
GB/T7095.2-2008,
IEC60317-18
 
Testing
Standardテスト標準
GB/T4074, IEC60851-1-6



























エナメル線の仕様:

1.ピンホールやひび割れ

エナメル線はいくつかの膜厚が薄くのピンホールもまれに開発します。しかし、水や溶剤と接触すると、被膜皮(コーティング)を曲げや引っ張りすることにより、歪みされたときにPVFとUEWについては微小な亀裂が発生することがあり、多数のピンホールも形成される。この現象は、一般的にひび割れと呼ばれています。
水や溶剤と接触させる前に熱(硬化)を施しますと、ピンホールが消えなくなります。

2.柔軟性

巻線の被覆層柔軟性の試験判断には、通常に丸線の直径は0.37 mmかそれ以上も適用できます。

3.丸線の直径は0.35mm又その以下の場合は、および平角線のコーティングの柔軟性は、通常に延伸試験を使用して判断される。

4.故障電圧
エナメル線の利点の1つは、フィルムの厚さに応じて高い絶縁耐力です。絶対値は、測定方法に応じて変化するが、ワイヤのすべての種類は、通常の状態で同様の絶縁耐力値があります。

5.摩耗

コーティングの機械的強度は摩耗試験で判定します。一般的に片方向摩耗試験と往復摩耗試験を行われています。
この二つのテストでは、AIWは最高の結果を示していますが、PVFはその次です。一方で、UEW及びIMWは低耐摩耗性があります。巻きプロセスの間に特別な注意をしなければなりません。近年では、巻線の作業性を向上させることが必要になってきています。
自動潤滑の表層は焼き付け仕上げされた、優れた潤滑性を持つ潤滑剤を薄層であるのエナメル線です、耐摩耗性に優れています。従って、この塗膜が巻き付け処理中に傷付きことににくいです。だから、自動潤滑性があるエナメル線が様々に使用されます。自動潤滑性エナメル線の応用ならページ16と17を参照してください。

6.溶剤、化学物質への耐性、油IMWとAIWは最良耐溶剤性があり、ほとんどの場合には溶媒によって変化のないままです。UEWはアルコール溶媒によって少しい侵食される傾向があります。

IMWとPEWは、耐アルカリ性がないですけど、他の化学物質に対して安定です。、耐溶剤性を表3に示します。これらの溶媒に配慮して、ワイヤのワニスを選ぶことが必要です。絶縁被覆で耐油性にほとんど差がありません。

7.水解性能

エナメル線フィルムは、ワイヤが焼き付け仕上げている有機高分子材料です。一部の種類が加水分解を受けやすいです。密封された水熱劣化試験は、エナメル線の加水分解を評価するための加速試験です。この方法では、エナメル線と水を密閉容器に一緒に入れて100℃以上に加熱します、絶縁破壊電圧の保持を得るためにワイヤの加水分解が評価される。、密閉された水熱劣化後のエナメル線の絶縁破壊電圧特性については、図3のように示す、PEWは加水分解に最もやすくなるので、破壊電圧で最大の減少を呈します、IMWはその次です。一方、AIWとKMK-22Aは、加水分解に対する耐性がはるかに優れています。

8.通電する場合の耐水性

エナメル線は塩水や埃粒子が付着して電流が流れると、その被覆皮の劣化には加速します。通電しているの耐水性試験は、この性質を評価する方法の一つです。表4のように示す、AIWとKMK-22Aは最高の充電耐水性が持ちます、それぞれAMW-XVとKMK-20Eがその次です。エナメル線は、塩水や粉塵粒子への機器対象に使用される場合、その選択には特別な注意しなければなりません。

9.熱衝撃性

歪んだフィルムに加熱すると亀裂を引き起こすことがあります。このような現象は、一般的に熱衝撃と呼ばれています、コイル成形時の曲げ半径と乾燥温度を決定するの重要な特性である。
IMW、AIW、KMK-22A、KMK-20E、AMW-XV、EIW-AとPVFは同じ温度で比較すると優れた耐熱衝撃性を示し、同じ曲げ直径と導体幅を曲げると亀裂を開発していません。IMWとAIW は350℃特定の高温条件下でも満足な結果を示した。PEWにはこれらのワイヤに比べて劣るです。アプリケーションによって慎重に使用されなければなりません。

10.熱耐久性

実際の使用条件に合わせたテストを通してエナメル線の寿命を決定することが望ましいです。試験方法・判断基準は、多くの面で検討を必要とします。試験結果の数は、これに報告されています。図4はIEC60172に基づいて、ワニス塗りと印加されていないエナメル線の寿命を比較した試験結果を示しています。組み合わせに基づいて、コイル-ワニス塗りのエナメル線は、必ずしも未処理のエナメル線よりも優れた寿命を持っていません。
 エナメル線と高耐熱性ワニスの組み合わせは、一般的の耐熱性を改良された。 F級よりも高い耐熱性エナメル線はいくつがあるか、それもワニスの種類に応じて、寿命に大きな影響を与えます。                

11.許容過負荷特性
エナメル線は、モータや変圧器の巻きコイルのために使用されています。機材は、何らかの理由で一時的に過負荷状態にすることができます。いくつかのエナメル線は過電流に耐えますか、耐えないものもあります。許容過負荷試験は、許容過負荷特性を評価するために行われます。図5は、一般的なエナメル線で、高い耐熱温度で、許容過負荷特性とより優れた性能を示しています。

12.はんだ付性
電気工事の際、コイル端子をはんだ付けする場合、一般的にコーティングははんだ付けする前に分離されています。しかし、UEWは一般的に被覆を分離しなくて、はんだ付けを行うことができます。

13.冷媒への耐性
エナメル線に冷媒を浸透し安くて、使用中に十分な注意が必要です。

14.ワニスへの耐性
近年、電気機器は、サイズと重量で減少し、高い信頼性と安全性を促進しながら、単一の機械の面で容量が増加しています。従って、高い信頼性と経済性に絶縁システムが必要とされています。

この需要に対応するため、正確な評価は、例えばエナメル線等の電気絶縁材料を用いて絶縁システムは必要かどうかを考えています、ワニス処理と使用条件下のテープの実質的なの性能を提供することができます。新耐熱エナメル線は、特にのワニス処理の種類(エポキシ樹脂系ワニス)に応じた絶縁システムのような熱寿命の低下を示す傾向があります。従って、エナメル線とワニス処理の相溶性の評価が最も重要な機能評価試験です。

一方、電子機器メーカーのためのコイルの製造工程では、エナメル線がねじれて、曲がった、細長くされた状態で巻き付け、または磨耗もしています。一定温度で予備乾燥した後、ワイヤは、ワニス処理した含浸させるまたはドロップものです。エナメル質膜は、機械加工中に劣化しました、しかしながら、ワニスの硬化中及びワニス溶剤とワニス成分による化学的な攻撃に対して高い温度での熱応力の影響を受けやすいです。電気工事の最近の合理化により、エナメル線の使用条件は、プロセスおよび材料に関して、これまで以上に厳しいなってきています。機器操作中の互換性だけの仮定でなく、ワニス処理時の互換性の評価、熱寿命評価も重要で、大切なのはエナメル線とワニス処理間の互換性の評価です。

エナメル線とワニス処理の組み合わせとしては、互換性評価の結果がワニス処理と硬化温度、混合硬化剤の量は、予備加熱の有無、ならびに機器の使用目的に応じて異なり。そのため、互換性は、絶縁システムを設計する前にチェックする必要があります。

15. 自己潤滑性エナメル線
電気機器は、より洗練された小さくサイズと重さが成長するにつれ、近年は、コイル占積率の領域に進歩を見てきました。また、巻線工程の合理化は、エナメル線の巻き高速につながっています。したがって、エ

一方でコイル巻きは最終製品として、高い信頼性が要求される、厳しい巻条件下で耐えられるエナメル線の必要性が高まっています。優れた潤滑性と耐摩耗性を有するように自動潤滑性があってのエナメル線は、そのようなニーズに応えることができます。図6のように示す、自動潤滑性エナメル線3種類があります、用途に応じて決定される。

16.エナメル線上の膜を除去する方法。

17. 自己融着性エナメル線

自己融着エナメル線は、コイルが加熱中またはコイル巻線後に溶媒塗布することにより接着されることを可能にするワイヤです。図9のように示す、自己融着エナメル線は、内部絶縁層と外周部などの接着層を持っている。

自己融着エナメルワイヤボンディング層における、コイル用の絶縁層及び接着機能における絶縁性を備えています。

(1)熱活性化による接着特性の例

電気機器や電磁調理器の場合、ワイヤは、コイル巻線と恒温槽または同様の装置に結合するために熱活性化されます。

(2)高温での接着強度