ユーザー様が認める優れた品質
河南信義アルミニウムは、アルミニウムコイル・ストリップ
(アルミ条)の生産メーカーとして、世界に各種のアルミニ
ウムコイルを長年にわたって提供してきました。
板製品
お問合せ
電話:0086-371- 55689814、
55686476
Fax:+86-371-55686475
Mobile:0086-13271531366
Email:andy@signialuminium.com
Skype:signialuminium02
WhatsApp::0086-13271531366
アドレス:中国河南省鄭州市高新技術産業開発区科学町89目4号建物A単元12階126ルーム
アルミニウム合金板
航空機構造材料用アルミニウム合金板
2017-06-26 09:00
アルミニウム合金板は航空機にとって重要な構造材料であり、主に胴体、翼面、油槽などに使用されています。アルミニウム複合材料を使用することにより、航空機の外板の密度を5〜7%低減できます。 その結果、総重量を10%低減することができ、燃費が向上する。 さらに、アルミニウム板を使用することにより、材料の剛性を7%高めることができる。 耐腐食性、耐疲労性、耐久性に優れているため、検査期間を延長することができ、メンテナンスコストを削減することができます。
 
当社が提供出来る航空機構造材料用アルミニウム合金板は:2024,2324,2524,
7075,7475,7050,7150アルミニウム合金板。

アルミニウム合金板
特長
高強度、高延性、高い損傷耐性。
2000系のアルミニウムは、成分としてCu(銅)を添加することで鉄鋼材料に匹敵する機械的強度を付与したアルミ材料です。熱処理型の材料で、この調質によりさらに強度が向上します。高強度の機械的性質を持つアルミ合金として一世を風靡したジュラルミン(A2017)や超ジュラルミン(A2024)もこの系統のアルミになります。これらは航空機材料としても知られます。
7000系のアルミニウム合金は、成分にZn(亜鉛)とMg(マグネシウム)を添加したアルミ合金で、熱処理を行うことで現存するアルミ合金中、最も高い強度を得ることができます。

航空機構造材料


アルミニウム板
用途
アルミニウムは、高い強度対重量比、エネルギー効率、および極端な温度に対する耐性が高く、航空機の製造に理想的な材料です。 また、繰り返しリサイクルすることもでき、製造業者が持続可能性の取り組みを追求する際には良い選択となります。
 
Signiアルミニウムプレートは、最先端の製造技術に依存して、翼の表皮、胴体、ストリンガー、椅子のスキッド、および補強された衛星打ち上げ用車両などの航空産業向けの様々なアルミニウム合金製品を提供することができる。

アルミニウム合金板
仕様
製品仕様
合金番号(AA) 質別 厚さ範囲
(mm)
長さ範囲
(mm)
幅さ範囲
(mm)
2024, 2324, 2524, 7075, 7475, 7050, 7150 F and O
H111, H112, T4, T6
 (For 6061, 6063),
T651(ストレッチプレート)
6 — 300 1000 — 10000 500 — 2700

延伸アルミニウム板
厚さ範囲 6 — 70 mm
幅さ範囲 2000 — 10000 mm

化学成分
Alloy (%) 2024 7075 7050 7475 6061 7075
Si 0.50 0.40 0.12 0.10 0.40— 0.80 0.40
Fe 0.50 0.50 0.15 0.12 0.70 0.50
Cu 3.8~4.9 1.2~2.0 2.0~2.6 1.2~1.9 0.15— 0.40 1.2— 2.0
Mn 0.30~0.9 0.30 0.10 0.06 0.15 0.30
Mg 1.2~1.8 2.1~2.9 1.9~ 2.6 1.9~2.6 0.8— 1.2 2.1— 2.9
Cr 0.10 0.18~0.28 0.04 0.18~0.25 0.04— 0.35 0.18— 0.28
Zr 0.08~0.15
Zn 0.25 5.1~6.1 5.7~6.7 5.2~6.2 0.25 5.1— 6.1
Ti 0.15 0.20 0.06 0.06 0.15 0.20
Each (Others) 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05
Total (Others) 0.15 0.15 0.15 0.15 0.15 0.15
Al Remaining Remaining Remaining Remaining Remaining Remaining
シングル数は最大含有量を示しています。


河南信義アルミニウムの航空機構造材料アルミニウム合金板の詳しいこと
 
Signiアルミニウムは、標準またはカスタマイズされた仕様に従って、胴体および翼構造部品のためのアルミニウムシートおよびアルミニウム板材料を供給する。
 
     Signiアルミニウムは、航空宇宙分野でアルミニウムの革新的な進歩を象徴する新しい低密度合金(リチウムおよびスカンジウム含有アルミニウム合金)を導入しました。 これらの新しい合金の軽量化は、航空業界の燃費向上と運航コスト削減につながります。
 
Signiアルミニウムは、中国の世界レベルのアルミニウム製板工場から10年以上にわたり航空宇宙産業に役立ってきました。世界で最も重要な航空宇宙用アルミニウムプレート設備の中で、Signiアルミニウムは、顧客と協力して市場に新しいソリューションを提供する主要な研究開発チームの支援を受けています。 Signiアルミニウムプラントは、2014年に航空宇宙産業のサービスを開始した中国の鄭州にある同社の世界クラスの圧延機の青写真としての役割も果たしました。
 
    Signi Aluminumは、世界で最も先進的な冷間圧延機を使用して、様々な標準および顧客指定の合金で多くの異なるアルミニウム板を製造しています。 160インチ(4.064 m)の熱間圧延機と148インチ(3.760 m)の冷間圧延機を使用して、熱処理または非熱処理の非常に幅広で超厚板を製造できます。 Signiアルミニウムの高品質アルミニウムプレートは、最も要求の厳しい基準に加え、多くの個々の顧客仕様を満たしています。
 
私たちは、世界中の顧客にさらに役立つために生産能力を拡大し続けました。最先端のプラントは、世界でほんの一握りのもので、中国および世界の急速に成長しているさまざまな業界の航空宇宙産業および大手メーカー向けに、最も高度な高付加価値アルミニウム材料を製造する設備を備えています。
中国の施設での本格的なダイレクトチル(DC)パイロットキャスターへの投資は、技術的に要求の厳しい業界でのリーダーシップを強化するという当社の取り組みを示しています。 この専門施設では、アルミリチウム製品の連続生産だけでなく、試運転用の本格的なインゴットを鋳造することができます。
 
     中国の鄭州にある当社の革新センターは、特に航空宇宙産業に重点を置いており、航空宇宙分野では構造用アルミニウム板用途向けの高強度合金や、新しい接合技術や成形技術に関連する軽量胴体シート用アルミニウムマグネシウムスカンジウム合金などの技術革新を開発しています。