ユーザー様が認める優れた品質
河南信義アルミニウムは、アルミニウムコイル・ストリップ
(アルミ条)の生産メーカーとして、世界に各種のアルミニ
ウムコイルを長年にわたって提供してきました。
板製品
お問合せ
電話:0086-371- 55689814、
55686476
Fax:+86-371-55686475
Mobile:0086-13271531366
Email:andy@signialuminium.com
Skype:signialuminium02
WhatsApp::0086-13271531366
アドレス:中国河南省鄭州市高新技術産業開発区科学町89目4号建物A単元12階126ルーム
アルミブレージングシート(ろう付・溶着材)
アルミニウム合金ろう付
2017-06-26 09:12
アルミニウムロウ付けが非腐食性フラックスを利用して、自動車用熱交換器を製造するための有力なプロセスです。最近では、このプロセスは、静止発熱体、換気設備、空調・冷凍(HVAC)業界において国内で広く利用され、それより商用アプリケーションのため多品種が製造されております。標準的なろう付けプロセスは、部品接合ためのろう付け合金、典型的にはアルミニウム - シリコン充填合金を含みます。Al-Siのろう付け用アルミニウムろう合金の溶融温度は(577℃~610℃)であり、かなりの熱交換器に使用されるベースろう付けアルミニウム合金の融点範囲( 660°~C630°C)より低い融点範囲を有します。
すべての熱交換器製造業部門中で一貫して進行中の傾向がコンポーネントのダウン-ゲージングによって達成、軽量化に向かっています。また、耐食性が重要な要因であり 、特にろう付け後追加なコーティングされないまたは処理がない場合。これらしばしば矛盾する傾向であり、ろう付けするためにより高いろう付け後の強さを持つのアルミニウム合金を呼び出します。7000系(Zn)と2000系(Cu)のアルミ合金は、いかなるろう付けアルミニウム合金の最高強に析出硬化、いかなる追加のコーティングせずに耐食性が低く、その固相線温度が現在使用フラックスと充填剤金属の組み合わせの溶融範囲より低下であり、したがって、それらは、熱交換器の製造により適していませんろう付け合金です。

アルミニウム合金

ろう付けに適した最も一般的なアルミニウム合金は、Al-Mn(3000系)であり。ろう付けサイクル中に高温にされた後、これらの合金は、ろう付け後比較的低いの機械的強度を有します。より高い強さはろう付けされた強化が5000系(2~5wt%のMg合金)から固溶体硬化によって、または、6000系(MgとSi合金)析出は硬化させることができる合金によって提供されます。同様にろう付け後の機械的強度を高めるように、特定の合金にMgを添加すると、機械加工を改善されたのは可能にします。機械加工は、熱交換器構成要素(例えば接続させるブロックとねじ付き器具)のために必要です。しかし、上記の合金は一定の限界があります。彼らはすべて、マグネシウムが含まれています。ろう付けサイクル中にMgは酸化膜除去のプロセスに否定的に影響します、そして、わずか0.3%までのMg濃度が安全にろう付け、標準的なろう付け用フラックスすることができると一般的に認められています。この悪影響は、カルシウムを含有する化合物の使用によって軽減することができる。ろう付け工程でのMg妨害の機構とMgの効果との闘いにおけるフラックスへのCs添加の積極的な役割は現在の主題である。
 
これは、溶融及びコンポーネント間の金属結合を冷却する際に提供するために、ろう付け工程中に流れます。ろう付けクラッド合金はAAの4XXXシリーズからのものであるかということが一般的であるより具体的にはAA4343(アル・6.8〜8.2重量%のSi)。
大きなフィレットがろう付けは低い温度で発生しやすい状況において望ましい場合、またはある場合は、A4045は、好ましい選択肢です。

複合アルミ板
 
アルミニウム合金クラッドストリップシート材は、より低い融点のアルミニウムシリコン(Al-Si)合金で片側(一面)または両面をコア合金にクラッドで構成されている。この薄層は、通常ろう付けシートの全厚さの5%〜10%を占めます。
そのクラッド材がろう付け工程中に溶融及び流れて、冷却する際にコンポーネント間の金属結合を提供するため。一般的にはろう付けクラッド合金はAA4000系からのものである、より具体的にはAA4343 (Al-6.8~8.2 wt.% Si) 。
大きなフィレットが望ましい、又は低い温度でろう付けを発生しやすい状況を求める場合は、AA4045も好ましい選択肢です
 
クラッドアルミニウム(条)ストリップシート
 
クラッドアルミニウムストリップシートは、より低い融点のアルミニウムシリコン(Al-Si)合金で片側(一面)または両面をコア合金にクラッドで構成されている。この薄層は、通常ろう付けシートの全厚さの5%〜10%を占めます。
 
 
非クラッドアルミ条/
 
我々は、熱交換器の機械的な接合において、各種類の非クラッドアルミ条/薄板、ミル仕上げアルミ材とコーティングされたアルミ材などあらゆる範囲のろう付け製品を提供します。
 
ますます厳しい市場要求と技術の発展に伴い、当社は最高品質の製品を生産することを目指して、つまり改善された強さ、垂れ性、耐食性などを重視すべきです。
 
非クラッドアルミニウム条/薄板の生産ため設計された製品:フィン材、チューブ材、ヘッダ/側基板、セパレータ板。
特長
用途
仕様